更年期障害を撃退|専門的な治療で症状の緩和を目指す

女医

睡眠障害は医療機関に相談

眠る男性

メタボも改善

睡眠時無呼吸症候群には、脳からの指令が途絶えることで呼吸運動が途絶える中枢性のみならず、閉塞性も挙げることができます。総合内科などの医療機関での治療が重要視されていますが、閉塞性では生活習慣病までも改善できる点でも評価されています。睡眠時無呼吸症候群を発症している方の多くは肥満体型である特徴が挙げられており、気道を脂肪が塞いでしまい、呼吸がままならなくなります。通常、病院での治療には鼻マスクやマウスピースによる気道確保のための療法が提案されています。肥満が原因ともなる睡眠時無呼吸症候群では、ダイエット外来などによる痩身や食事療法による指導を受けることができ、確実に健康を意識できると支持を集めています。

男性特有の病気

内科などで相談件数が増えているのが睡眠時無呼吸症候群で、眠っている間に呼吸が完全に一時止まる病気です。無呼吸は10秒以上止まった状態で、1時間あたり平均5回以上無呼吸状態が起こることで睡眠時無呼吸症候群と診断されます。周りに指摘されて気付くケースが多いものの、睡眠時無呼吸症候群は激しいいびきをかくために脳が覚醒するなどし、睡眠障害と勘違いした状況で医療機関に相談するケースも挙げられています。また男性に多く発症しているのも特徴で、勃起不全が関係している研究データも報告されています。よって、無呼吸で悩む男性はEDの検査・治療を受けてみることや、EDに悩む場合には睡眠障害の有無をチェックした後、検査・治療を受けることもポイントです。総合病院などの診療科目の多い病院選びによって、様々な病気の予防や対策、治療にも結び付けられます。